住宅型老人ホームの特徴を知っておこう

住宅型老人ホームの特徴

男女

住宅型と他施設の違い

住宅型有料老人ホームと他の老人ホームの違いは、介護の度合いです。住宅型は必要に応じて介護度を上げる事が出来ますが、他の老人ホームの場合だと介護者が付きっきりになってしまう場合もあります。

介護が必要でない方でも

住宅型の場合は介護が必要がない方でも施設を利用することが出来ます。また、施設内は生活が十分行えるように家具家電が揃っている施設も多くあるので、何らかの事情で一人暮らしをしていた高齢者も多いとされています。

レクレーションが豊富

住宅型有料老人ホームにはレクレーションが豊富です。普段送っていた生活の質を落とさずにレクレーションでボケ防止も行えるので独り身の高齢者には人気が高いです。またレクレーションで他の利用者と仲良くなれることも特徴になります。

利用者の意図を組める

住宅型の場合、必要に応じて介護の度合いを選択することができるので初めからヘルパーをつける必要もありません。ケアプランが利用者自信で選べることは魅力になっており、また預ける身内側として選択肢が多いのは利点になるでしょう。

人気のある住宅型老人ホームの特徴ランキング

no.1

高級感溢れる室内

1位に選ばれたのはホテルのような部屋作りになっている住宅型老人ホームです。やはり快適に過ごして欲しいという思いは部屋に表れるのでしょう。ソファーやベッドも体に負担の掛からないよう高級素材が使われている事が多いです。

no.2

入居時の費用が0円?

条件を満たせば、本来入居時に必要な費用を無料にしてくれる住宅型老人ホームが2位に選ばれています。やはり初期費用として負担になる部分がなくなるのは利用者や身内としても有り難いのでしょう。

no.3

アクセスがしやすい

様子を見に行く身内の方も大勢います。そのため住宅型老人ホームの周辺に駅があったり、車でアクセスしやすい場所にあるのも魅力の一つとして考えられています。近場であればいつでも会いに行けるので安心ですね。

no.4

月額利用料が安い

住宅型有料老人ホームはその名の通り月々に使用料が発生します。言わば家賃のようなものになるのですが、出費には変わりがないので安いほうがいいと考える方が多いようです。値段とサービスの両方で調べるといいですね。

no.5

施設内に設備が充実している

住宅型老人ホームには高齢者が住まう場所以外に談笑ルームや運動ができるジムのような場所を設けている場合があります。息抜きとしてこうした設備を利用できるのも入居者からすると楽しみに繫がるようです。

知って役立つ老人ホームの知識

男女

住宅型老人ホームの特徴

住宅型老人ホームは生活の質を落とさずに介護が行える施設として人気があります。また、この施設では多くの設備が備え付けられているので、その設備を利用して楽しむことも出来るのです。

READ MORE
介護

デイサービスは便利なサービス

老人ホームには入れたくない、入りたくない、でも介護は必要…と思うのであればデイサービスを利用しましょう。デイサービスは日帰りで利用できるので施設でずっと暮らす必要はありませんよ。

READ MORE
広告募集中